コンクールに出たいときに選ぶ東京都のピアノ教室

ピアノを習っていく上で、コンクールを1つの目標にするという考え方もあります。コンクールは最終目標ではなく、あくまで通過点ですが、将来的にピアノの道に進みたいと考える人にとっては、1つの登竜門であることは間違いありません。今は、コンクールといっても様々な規模のものがあります。人前で弾くことになるので、精神力や集中力が養われるというメリットもあります。ピアノの先生の考え方は様々です。沢山の生徒さんをコンクールに送り込む先生もいらっしゃれば、コンクールには出さないとおっしゃる先生もいらっしゃいます。コンクールを視野に入れているのであれば、コンクールに生徒を出すことを厭わない先生を選ぶ必要があります。また、親の方にも様々な覚悟が必要です。コンクールを目指す時の東京都のピアノ教室選びのコツをお伝えします。

実際にコンクールを聴きに行ってみる

東京都で、コンクールにも生徒さんを出している教室を探すには、まず身近なところで行われているコンクールを聴きに行ってみましょう。東京都で行われるコンクールには予選と本戦がありますが、どのようなレベルの生徒さんが出ているのか、参考になります。現在は、各地で大小様々なコンクールが行われていますが、いつも上位入賞する人は、いくつものコンクールに出ていることが多いです。その人の所属の教室を知ることが出来れば、その教室がコンクール向けの指導をしているということが分かります。また、上位入賞する生徒さんがいる教室であるということは、もちろんその生徒さんが優秀であることも事実ですが、先生の指導力があることの裏返しでもあります。コンクール出場を考えるなら、その教室に焦点を当てて入会を考えるのが良い方法です。

コンクール出場には親の覚悟やサポートも必要

コンクールに出場するということは、ピアノ教室の普通のレッスン以外にもコンクール用のレッスンを受けていることがほとんどです。つまり、レッスン回数が、普通の生徒よりも多いことになります。レッスン回数が多いということは、その分月謝が跳ね上がります。通常のピアノ教室のレッスン費とは別枠で、さらに高い金額になることも十分考えうることです。コンクールに出るのであれば、例えば学校の定期試験の最中であっても、ピアノの練習を頑張らなければなりません。部活や塾よりもピアノの練習を重視していくことが必要です。友達と遊ぶことよりもピアノの練習を取らなければなりません。金銭面でも精神面でも、親御さんのサポートがとても大切になってきます。親御さんにその覚悟と経済的な余裕がなければ、コンクールで勝ち進むことは難しいです。